車の板金塗装・傷修理ならMoonshot > コラム > 車のバンパー塗装は自分でできる?ひび割れの原因やDIY法を紹介

車のバンパー塗装は自分でできる?ひび割れの原因やDIY法を紹介

2023年06月10日

車に長く乗っていると、バンパーの塗装が剥がれたりひび割れが発生したりすることもあるでしょう。
そんな時、自分で塗装修理をするのか専門業者に依頼するのか、悩みますよね。
そこで、この記事ではバンパー塗装を自分で行うメリットやデメリット、また塗装料金の相場について詳しく解説していきます。

バンパーの塗装がひび割れる原因とは

バンパーの塗装は、傷口から広がっていくパターンがほとんどです。
はじめは小さな傷でも、放置しているとそこから広がっていき、最終的には塗装剥がれやひび割れにつながることも。
また、紫外線による経年劣化・鳥のフンなども塗装剥がれの原因になるので注意しましょう。

バンパー塗装の剥がれやひび割れを放置してはいけない理由

バンパー塗装の剥がれやひび割れは、目立たないからといって、修理を行わずに放置してはいけません。

損傷箇所を修理せず放置していると、

・バンパー本体の劣化

・バンパー内部のセンサー類の故障

につながるおそれがあります。

バンパー本体の劣化

バンパー本体は樹脂で作られているので、鋼板製のボディやフェンダーのように、錆びができることはありません。

ただし塗装の剥がれを放置していると、損傷箇所が雨水に晒され、バンパーが劣化してしまいます。

特にSUV車などは、精悍さを強調するため、無塗装の黒いバンパーを装着している車種が多くなっています。

樹脂製バンパーは劣化すると白くなるため、見た目が非常に悪くなってしまうのです。

劣化の進んだバンパーは修理ができないので、交換する必要があり、その場合は国産車でも10万円近い費用がかかります。

小さな塗装剥がれやひび割れだからと思って放置していると、思わぬ高い修理費用がかかるおそれがあるので、注意しましょう。

バンパー内部のセンサー類の故障

塗装が剥がれたりひび割れるような傷がついた場合、車のバンパーは予想以上に大きな衝撃を受けている可能性があります。

最近は、自動ブレーキ装置や急発進防止装置、障害物感知装置などの「Advanced Driving Assistant System」(ADAS)と呼ばれる運転補助システムを搭載した車が増えています。

こうした車は、バンパー内部にレーダーなどのセンサーを設置しており、バンパーに強い衝撃を受けると内部のセンサー類が損傷することがあります。

センサーが損傷すると、せっかくの運転補助システムが正常に作動しなくなってしまうのです。

これらのセンサーやシステムの点検は専門業者でなければ行えません。

バンパー塗装の剥がれ・ひび割れといった傷を発見した場合は、まずは専門業者に行って点検してもらいましょう。

【DIY】車のバンパー塗装を自分でするメリット

バンパーの塗装は、専門業者に依頼しなくても自分で修理することも可能です。
ここでは、バンパーの塗装をDIYで修理するメリットについて解説していきます。

塗装料金が安くなる

DIYで修理する一番のメリットは、専門業者に依頼することに比べて塗装料金が安くなることでしょう。
このあと詳しく解説しますが、専門業者に依頼した場合は安くても数万円はかかってしまいます。
その点、DIYで塗装すれば必要道具をすべて揃えても5,000円以内で修理することが可能です。
塗装にかける費用をなるべく安くしたいという方は、DIY法を検討するのもひとつでしょう。

今後の経験になる

DIYで修理するもうひとつのメリットは、経験になることです。
人生の中で車の塗装をする経験はそうそうあるものではありませんが、時間が経てばまた塗装が剥がれる可能性も考えられます。
そんなとき、一度自分で塗装を施していれば、2回目以降も慌てることなく対応することができるはずです。
自分の中の経験として、一度自分でやってみるのも良いでしょう。

【DIY】車のバンパー塗装を自分でするデメリット

ここまで自分で修理するDIY法のメリットをお伝えしましたが、デメリットもあるので注意が必要です。
DIYで塗装修理をする場合は、メリット・デメリットの両方を考慮したうえで作業するようにしましょう。

クオリティが低くなる

自分で修理するDIY法では、仕上がりのクオリティが低くなってしまうのは当然のことです。
基本的に、塗装にはタッチペンやスプレーを使用しますが、やり方を間違えると液ダレや色ムラなどが起こり、とてもキレイとは言えない仕上がりになることもあります。
また、慣れない作業で時間が思いのほか時間がかかることも考えられるので、さっとキレイに修理したい方は専門業者に依頼するのが賢明といえます。

失敗する可能性がある

塗装範囲が広い場合やカラー層や下地まで塗装が剥がれている場合、失敗する可能性が高くなるので注意が必要です。
一般的に、車の塗装は上から「クリア」「カラー」「下地」となっており、下地まで傷が届いている場合は下地から修理する必要があるため素人では難しい作業になります。
下地を放置してそのまま塗装を施しても、すぐに塗装が剥がれたりひび割れの原因にもつながるので、必ず下地から修理するようにしましょう。
また、バンパーの塗装には脱着作業が必要なケースもあるので、そちらも注意しましょう。

費用が割高になる可能性がある

DIYによる修理に失敗して、専門業者にやり直し修理を依頼した場合。

塗装を剥がすなど、余分な作業が必要になるため、費用が割高になる可能性があります。

そうなると、DIYに費した手間・時間・費用が無駄になるだけでなく。

専門業者に支払う修理費用も高くなり「踏んだり蹴ったり」になってしまうでしょう。

DIYの経験が少ない人や、車の傷が大きい場合は、こうした状況に陥るリスクが高くなります。

DIY修理を行う際は、失敗した場合のリスクを理解しておくことが必要です。

車のバンパー塗装を自分でする方法

リスクを承知の上で、それでも自分やりたいという方に、具体的なバンパー塗装の方法をお伝えします。

■必要なもの
・ぼかし剤
・カラー塗料(スプレー)
・クリア塗料(スプレー)
・耐水サンドペーパー
・シリコンオフ
・コンパウンド
・サーフェーサー(下地が必要な場合)

■塗装手順
➀車体をキレイに洗い流し、付着している汚れやほこりを取り除きます
➁塗料をつきやすくするために、塗装箇所を耐水サンドペーパーで磨き水研ぎを行います
③油分が残っていると塗料がキレイにつかないので、シリコンオフで脱脂します
④塗料が飛び散らないようにマスキングします
⑤サーフェーサーで下地を作ります。サーフェーサーを塗る、塗らないでカラー塗料の乗りが全然違うので必ず行うようにしましょう
⑥再度シリコンオフで脱脂をし、油分を取り除きます
➆カラー塗料をスプレーしていきます。このとき、一気に塗るのではなく、3~4回に分けて塗ることで液だれを防ぐことができます
⑧カラー塗料が乾いたらクリア塗料をスプレーします。クリア塗料も一気に塗らず3~4回に分けて塗りましょう
⑨最後にコンパウンドで磨いて艶出しを行えば完成です。

DIY塗装のポイント

車のバンパー塗装をDIYで行う場合、主に注意したいポイントはこちらです。
・下地作り
・脱脂
・スプレーの仕方
車の塗装は、下地がしっかりしていないとすぐに塗装が剥がれたりひび割れしたりするので、サーフェーサーで下地を作ることが重要です。
また、車体に油分が残っている状態でカラー塗料を塗っても、塗料がはじかれてキレイに色付けすることはできないので注意しましょう。
そして、何よりポイントとなるのがスプレーの仕方です。
一気に塗ってしまいたい気持ちも分かりますが、少しずつ数回に分けて塗るのがポイントで、スプレーは円を描くのではなく“平行に動かして”スプレーするようにしましょう。

ボディーカラーが特殊な場合は専門業者に依頼を

バンパー塗装は自分で行うことも可能ですが、高級車や外車などでボディーカラーが特殊な場合は専門業者に任せるのが得策です。
基本的に、DIYで行える塗装は単色のソリッド塗装なので、パールやメタリックなどの塗装なると専門的な知識と技術が必要になります。
まずは、自分の車のボディーカラーを調べて、特殊な塗装が施されている場合は専門業者に相談するようにしましょう。

どのくらい?バンパー塗装の料金相場とは

車の塗装には、一部分だけ塗装する「部分塗装」とパーツ全てを塗装する「全塗装」の2種類があります。
当たり前ですが、塗装面積が変わるので部分塗装と全塗装では料金も大きく異なります。
ここでは、専門業者別の塗装料金の相場をお伝えします。

 バンパー部分塗装バンパー全塗装
ディーラー30,000円~50,000円50,000円~100,000円
カー用品店20,000円~40,000円40,000円~80,000円
板金業者10,000円~30,000円30,000円~60,000円

※弊社調べ

バンパー塗装の料金を安くするならムーンショットにお任せ

車の塗装は意外と高額で、とくにバンパーは脱着作業も必要なるため工賃が上乗せになるケースもあります。
「なるべく安く塗装したいけど、DIYは不安…。」という方は、ムーンショットにお任せください。
ムーンショットは、車種やボディ色による割増料金は発生しません。
また、塗装範囲による割増料金も発生しませんので、お気軽にご相談ください。

Googleの口コミはこちら

完全無料のオンライン見積もり依頼はこちら👇

https://moonshot-stk.jp/estimate

まとめ

バンパーは車の前後に装備されているため、飛び石や接触などで擦り傷が発生しやすいパーツです。
塗装は車のボディを守るためにも重要なものなので、塗装剥がれを確認したらすぐに修理するようにしましょう。
その際、自分で修理か専門業者に依頼するかは、この記事でもお伝えしたメリット・デメリットを参考にしてみてください。

最新コラム記事

コラムカテゴリ

SPECIAL PRICE激安価格

  • ドアミラーカバー(片側)

    3,300

  • バンパー擦り傷(10㎝以内)

    2,480

  • バンパー凹み(10㎝以内)

    16,500

  • バンパー切れ(1ヶ所)

    27,500

  • ボディー擦り傷(10㎝以内)

    27,500

  • ボディー凹み傷(10㎝以内)

    33,000

鈑金塗装 ムーンショット
鈑金塗装 ムーンショット
104 Google レビュー
Luck
Luck
2024-04-06
バンパー修理3,300円が売りの某〇〇自動車では WEBでの写真見積り23,100円 見積り額伝えずに実車見積り、30,000円大幅超 こちらは、WEB、実車ともに16,500円の見積り、修理をお願いしたところ、きれいに仕上げて頂きました。 とっても良心的なお店 流行っている理由がよくわかります ^^
S A
S A
2024-04-02
池○自動車と相見積もりした結果こちらのほうが1万ほど安かったので修理していただきました。 完璧!ピカピカに洗車もしていただき大満足!
a21.7neg Chuo University
a21.7neg Chuo University
2024-04-02
自宅の車庫で自転車のカゴにこすってしまい、線キズが出来てしまいました。傷は浅めですが、長さがあったせいで他だとかなり値段がかかることに… ディーラー 26万 オート◯ックス 10万 ムーンショット 3万 もの凄く良心的な値段で、仕上がりも完璧でした!もうぶつけないことを願いますが、また傷付けてしまったら必ずここにお願いします!また、「後日気になるところがあれば是非言ってください、必ずちゃんと直します!」とおっしゃってくれて、アフターフォローもばっちりな印象でした!本当にありがとうございました!
ディアンガー
ディアンガー
2024-04-02
自分の不注意で立て続けにぶつけてしまいバンパーとドアの修理を破格の値段で修理してもらいました。 特にドアはキズが目立たなくなればいいくらいに思っていたのですが、クォーターパネルの後ろの方の小さなキズまで何もいわずに直してくれました。 また何かあったらお願いしたいです。 家の近くにこんないい業者さんがあって本当によかったです。
U J
U J
2024-03-25
対応も良いし連絡もマメで価格もリーズナブルです。 仕上がりも大満足です。 3回くらいお願いしてますが毎回変わらぬ対応でとても信用できます。
Y Kan
Y Kan
2024-03-24
以前BMW X1のバンパー修理でお世話になり、何かあったら再度お願いしようと思っていました。 今はレクサス NXに乗っており、左前のバンパーを植木で擦ってしまい、連絡させて頂いたところ、翌日に伺えることができ、しかも無料で磨きのみで短時間で傷を完璧に修理いただきました。 ただただ感謝しかありません。 傷等の修理はムーンショットさん以外は利用しません。
Reiko Kita
Reiko Kita
2024-03-23
ドアパンチをされて凹まされた箇所を丁寧に直していただきました。 ディーラーではドア交換必要、デントリペアでも綺麗には直らないと言われていたので心身も凹んでいましたが、良心的なお値段でやっていただけたおかげでお財布まで凹まずに済み、ほんとに救われた思いです。不安な点は事前に丁寧に説明いただいたので安心してお任せしました。 代車もお借りできたので移動に支障も出ず大変助かりました。ありがとうございました。
takada shuichi
takada shuichi
2024-03-20
カラーコードの無い特殊な色にも関わらず、とても綺麗に仕上げて頂き、大変満足です。 本当に良い仕事をしてくれるお店でした。 また、何かあればお願いしたいです。
ちゃんツトム
ちゃんツトム
2024-03-19
レクサスsc430パールホワイトバンパー擦り傷直してもらいました。他の激安の店で25000円のところ、こちらは約8000円でした。出来上がりに多少不安ありましたが引き取りに確認したら大満足でした。ありがとうございます。